読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷すばるについて書き殴る


ーすばるくんはやっとアイドルになった。


10年を越すジャニヲタ人生だが、自担はずっと渋谷すばるだ。ジャニヲタになるキッカケも渋谷すばるであり、私の人生におけるウエイトを大きく占めているのも渋谷すばるである。


このブログの名前

「だって神様は1人で十分やから。」

これは私がポロっと発言した言葉である。


すばるくんは私にとっての神様。

…これ以上ない所まで来てしまった感がする。すばるくんが言う重いヤツら、重度の信者の1人である。


すばるくんに対して、恋愛感情は一切ない。喋りたいともファンサが欲しいとも思わない。視界に入る入らないなんて全く関係がない。

求めることと言えば、すばるくんは常に満たされていて欲しいのだ。ただ、それだけ。すばるくんが歌いたいと思える世界がずっと続いて欲しい。

だからその世界が終わるまで私はずっとす担なんだとも思っている。


すばるくんは万人受けしないアイドルだと思う。今でこそ、生放送でニコニコしている姿がよく見られるがほんの少し前までは生放送がすごく不安だった。笑わないのである。

笑わないならまだしも、どこか不機嫌でつまらなさそうであり、グループで出るときなんかほとんど喋らないことが多々あった。

分厚い贔屓目フィルターを装備している私でさえ「今日はだめだ」と思うことがあったほどだ。


そんなすばるくんを10年ほど見てきているのだから、ずっとこのままでも好きでいられる自信はあった。


人間って変われんのかな


アーセナルの言葉は未来のすばるくんへ向けたメッセージだったのかと思うくらいすばるくんは変わった。

キッカケは味園ユニバース。

これについてはまた書き殴る予定。


映画初主演、ソロデビュー、ソロライブ


怒涛の毎日だった。何度も何度も泣いた。嬉しくて、夢みたいだった。すばるくんが関ジャニ∞を胸に掲げて歌う姿が眩しくて誇らしくて。そして、どんどん強くなっていくすばるくんを"決して折れませんように"と祈るような気持ちで見守っていた。


「今、本物のジャニーズになろうとしています」

関ジャニ∞リサイタルパンフレットですばるくんはこう言っていた。映画で長髪をバッサリ切ったあと、何故かバリカンを手にし,セルフバリカンと称し何ヶ月もペンギンのような坊主頭をしたすばるくんが本物のジャニーズになると言っていた。


見た目ではない。


すばるくんの中にあった葛藤や迷いをどんな風に整理したのかは,すばるくんにしか分からないとはいえ、アイドルであることに腹を括ったんだと思った。


ライブで言えば、関ジャニズムでのすばるくんは全公演を通して最高に輝いていた。何公演か入らせてもらったが、終演後に今日のすばるくんすごくご機嫌だった!と毎回思えるほどだった。

これまでのライブのすばるくんといえば、正直怖いなと思う時もあったしMCはマイクさえ構えない。フロートに乗っている時も、お客さんを見てるようできっと見えてなかったんだと思う。冷めている目をしている時が多かったし、それが当たり前だった。

だから、関ジャニズムのすばるくんはすごく印象的だったんだと思う。


すばるくん今日笑顔多かった!ラッキー!って思っていたあの頃、全公演楽しそうで熱を持って魅せてくれるすばるくんが当たり前になるなんて想像も出来ないだろうな。

最高の未来が待ってるよって言ってあげたい。


そして、関ジャニ∞の元気が出るライブで私はやっと"今日のすばるくんはどうかな…"と心配することをやめた。

だってもうすばるくんはアイドルなんだから!!!これからのすばるくんには期待しかないよ!!!胸張って言う!す担は幸せ!!


ジャニーズ エンタテイメント!